神話の里から~想いつくまま

はるか~神話の里から  謎解き~大好きな出雲人が 他愛もないことを書いてます(^_-)  まごっち~ビートルズ~ものづくり~陶芸~ダビンチ~田んぼ etc.

2007年01月

Here comes The Sun! ~Jan.30

8418c6dd.jpg

   

9ca648f3.jpg

   

あまりの 朝日 のすばらしさに

通勤途中に

斐伊川の堤防に寄って撮影してしまいました。

写真ではわからないのですが

靄が かかってすばらしかったんですよ。

おかげで、

駆け込み。

ぎりぎり せーふぅ~~でした(笑)

朝の5分はきつい~~(笑) 

ほんとう 太陽は いいですねぇ。

古代の 人が崇めた気持ちが

わかるような気がします~(笑) 

ほんとうに 

「Here  comes The Sun!」 でした~~。

   

06304619.jpg

  

 

稲佐の浜~~ さぶ~~ 睦月弐拾七日

cbe04a9e.jpg

  

9ee9bff8.jpg
 

  

  

ちょっと、ふたりで 散歩~ ()

  

出雲大社 を すこしいったところ~

  

神在月 に、 この稲佐の浜 で

日本全国の 神々を 恭しく 迎える~

  

きょうは、荒れ模様の 日本海 で~す。

 

ちょっと 興ざめですが

↓のような、看板も (苦笑)

確かに、花火をしたら 最高でしょうけどねぇ~~(笑)

  

4cc96a76.jpg

HENRI-CHARPENTIER

92b037d5.jpg

bd5ccb23.jpg

   

4c05f3e2.jpg

  

アンリ・シャルパンティエ と 読むらしい ()

芦屋の お菓子ですから 気取ってます~~~()

お菓子の名前は クレーム・ビスキュイ

如何に 付加価値 を つけるかの 見本みたいなお菓子

関係者の方がおられたらごめんなさい

正直言って 

甘すぎ て、 そんなに美味しくないな~

田舎もん~ には、ちょっと ね~

 

かえって、隣にある

黒ごま ソフト クラッカー 

あたり前田のクラッカー (古~) なんですよ~~

前田製菓の 製品 ()

藤田まこと さん すっかり 渋く なって

必殺 仕置き人 ですから

世の中 変わる はずですよね~~~()

  

雪ずり~~です

P1020506

久しぶりに 雪

う~ん 何日 ぶり~ 思い出せない ()

それにしても、

昨夜は 雪おこしの 雷鳴 凄かったが...

写真のように ↑ 

あまり、ふらなかった~

   

でも 昨年は けっこう 降ったんですがね~

ものづくり日本大賞!

Topimg   

ものづくり日本大賞!

なるものがあるそうなんですが、その二回目が いま募集中。

資源の無い国としては、

生き残りはそういったものにかかっているとの認識が

国にあるかどうかわかりませんが...

こういう賞があるという事は、少しは有るのでしょう。(笑) 

それにしても、

栄えある第一回の総理大臣賞を受けた人のコメントは、

やっぱり違います~ねぇ。(笑)

すご~~~く、共感できることばかりですので 

紹介させてください。(嬉々~) 

  

まず ものづくりの本質について ~~

   

「ものづくり」とはとても時間がかかるものです。

経営戦略 や 事業戦略 とは 異なる世界、

心理状態 になります。

合理性 、効率 などとは 異なる のです。

負けたくない という気持ちだろうと思います。  

  

日本人のものづくりについて ~~


千数百年以上の歴史がありますが、

ここでの日本の技術は 世界一 だとずっと思ってやってきましたし、

これからもそうありたい。

日本人独特のものづくりに対する感覚 は他国にはないもの で、

伝え守らないといけないのです。

これからは、「人づくり」に全力を傾けること、

それが私の使命だと考えています  

  

美徳とは? ~~ 

本来、私は表に出るのが苦手なのですが、

ただ「自分がこうしてますよ」ということは

世にアピールすべきですし、

それは非常に大事なことです。

日本人は生来、それが下手でしょう。

こと伝統分野となると、それが美徳であったりさえする。

  

I T 長者とは 無縁な世界 がそこにあって、

ものづくりが、やはり好きなんでしょう。

そういったものが、

日本を、いや世界を支えていると思いたいですね。(拝) 

  

 

ケン ソゴル

Photo_12  

  

この名前を聞いたことの有る方は

団塊世代近辺くらいでしょうか。

めずらしく 筒井康隆作品にしては、王道のSF。

少年少女向けといわれているようですが、

レベルは低くない。

  

テレビでやってたその当時、

こんな世界(SF)もあるのかと、思ったものです。

キーになるのが、ラベンダー。

そのハイカラな名前が、

田舎の 少年にはまぶしく思えたものです。(笑) 

なに~ それ? 

家に、温室まであ~かや。(通訳すると 有るかね)。

そもそも 温室とはなに?

なんで、そんな部屋の中で

花を つく~かや (作るのか)

  

実は、

この作品は「なぞの転校生」とばかり思っていたら、

なんと、「時をかける少女」だった。

(さっき web で調べてわかりました) 

記憶はあてにならんなぁと実感。

さらに意外だったのが、 作者が 筒井さん。 
このような作品書くはず無いと思ったんですが(笑)...

眉村卓さんだとばっかり。 

どちらも好きですが、

記憶.....~~

う~ん やばいかも~~

  

ギャラリー
  •  さつまいも植えました 
  • 活き々々苗 
  • 美女と野獣  
  • 田植えしま~す 
  • 田植え段取り 
  • ない! ない!?
  • 玄関アプローチ 
  • トラクター君顛末Ⅱ 
  • ドローイング
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ