コピーライター 

いまは ほぼ日 

 

イメージとしては 

上っ面の言葉を操って儲けてる

~みたいな感じを持ってましたが 

 

日経のweb記事

【「ダサい社長」が日本をつぶす!】の対談を読んで 

あ~わかってる人なんだなぁ 

~と共感 

 

 

たとえば 

面白いとは 共感性+意外性 

脳みそから血が出るほど考える 

ブランドとはライフの集合体 

 

見出しだけでは なんのこっちゃ? 

~でしょうが 

 

コピーをつくるって 

そのものの本質に迫るって その本質をどう表現するか  

また ほぼ日を会社としてやっているから 

ものづくり ことづくりの面白さや

特に 大変さをわかってる 

 

 

分野は違いますが

工作機械の開発をしてきたので 

とことん考え抜いた末に 

意外性のあるところに答えがあったり 

 

そういった志向で 積み重ねた上に

ブランドもできるだろうし 

 

逆から言うと 魅力的なコピーが描けない商品は 

(ある意味)商品ではない 訳で 

 

 

糸井さん~チャラクナイ (=^^=)