富神社を訪れると 

一見 普通の村の鎮守さん

~という雰囲気の神社です 

   

 

 

43c237a4.jpg

 

   

04dbe634.jpg
   

 

 

もちろん

狛ちゃんも 出雲型です (^^

   

   

75f61461.jpg
   

   

 

  

境内は 広々としており 

摂社も数社 

   

 

77b12bf8.jpg
   

 

 

その中に

ありえないはずの 天照大神が祭ってありました

   

 

10e15d83.jpg
   

 

 

 

 

~というのは 

富神社 

名前だけで ピンときた方も居られるでしょう 

出雲神を 源流とする 富一族のお宮のはず 

  

富一族というのは

本当の出雲神を 源流にもつが故に

常に 存続を脅かされている一族で 

実態は よくわかりませんが

今も 一族の歴史を口頭伝承しているとのこと  

  

天照大神を祭ったのはカムフラージュか? 

そして 富一族の神社であるとの証は何処に 

拝殿も 閉まっているので よくわからない 

やはり 福を授ける平和な社かなぁ (^^

  

~と 帰路につこうとして 

ふと 

屋根を見上げると

   

   

   

a1939111.jpg
 

   

   

   

神紋が瓦に !?

お~ まさしく 

亀甲紋の中に 交叉した2本の大根 

かつては大根が 矛であったという !!

出雲神族の家紋は 

本来「矛の交叉したもの」であったが

平安時代に 無理やり大根に替えられた 

曰くつきの神紋 !

  

やはり 富一族の社であった 

あらためて あの伝承を蔑ろにできない 

そして 出雲の奥深さはかりしれない 

との想いを つよく抱いたので ありまする (^_-)~☆