9b4788b2.jpg
   

   

  

松江藩九代藩主

松平斉貴(なりたけ)上洛絵巻

  

地元の新聞に 掲載されていたので

これは~ぜひ~紹介したいなぁ

ということで (^^

 

 

54b2b58c.jpg

 

 

1b57a0ea.jpg
    

  

茶弁当~とは 

へ~という感じでした

やはり~食料が一番 

と いうことかな?  (^_-)~☆  

 

 

P1000783   

 

  

草履持ち~

これも 驚きまし~た (^^♪ 

  

精巧に描かれた全長101メートル66センチ(全五巻)


この絵巻は

一八四七(弘化四)年、孝明天皇の即位の大礼に

斉貴が将軍の名代として江戸から京都に向け、

松江藩の上屋敷

(現在の東京・永田町)を出立する様子を描いた。


描かれている人物は

千七百六十七人と六十一頭の馬

実際の行列の長さは二キロ近くに及ぶといわれる。

   

将軍の名代で行う上洛は

大名の中でも

特別に選ばれた者だけに許された一世一代

最高の晴れ舞台

参勤交代の大名行列とは、けた違いに格が違う。

  

かごや荷物を担ぐ者、やりを持つ者、馬を引く者。

同じような人物がこれでもか、

というほど延々と描かれている。

   

藩主が乗っているかごには、担ぎ手のほか、

手替わりと呼ばれる交代要員、

警護の徒士(かち=騎乗を許されない下級の武士)たちが

表情豊かに描かれる。

茶弁当の後ろには

藩主との取り次ぎや湯茶の接待を行う

茶坊主と水桶(みずおけ)

馬の後ろに描かれているのは馬草(まぐさ)かごと

餌を与えるための馬柄杓(うまびしゃく)。

草履(ぞうり)を手に持つ集団は徒士たちのための草履持ち。

絵巻に登場する人物や荷物など

図柄の種類は六十以上にも及ぶ。

   

 

406b2da3.jpg
      

   

   

お付き合い~ 

ありがとうございま~す (^_-)~☆