5093162032

 

    

  

よく見かける~『 まる? 』

無 の 境地~

禅では「む~」 と いうのだそうですが

  

財政破綻~を 救った 不昧公

いまの世相を~どう思うんでしょ~ね 

    

  

【不昧筆「円相」】

不昧の代表作として知られ、

一筆で書かれた円は

禅における書画の一つで「無」を指す。

禅では「む~」と伸ばす。

   

  

不昧の茶道を語る中でよく使われる

「茶禅一味」とは、お茶の心は禅。

自慢、おごりを排して謙虚になることだという。

「一味同心」は、お茶を飲むことで心を同じにする。

また、「一座同心」は二人一緒になって

同じ心になる-との意味だ。

階級意識が厳しい時代にあって不昧は、

茶の湯を通じての大名と町衆の交流の中で、

人の和を重んじながら、お互いの人格を認め合い、

充足感を分かち合っていたようだ。

  

こういう~ コミュニケ~ションを通して

人身掌握~ 藩財政再建を 実現 

   

いまの時代でも~同じだと思いますが (^_-)~☆