0f0f3f0b.jpg
    

   

荒唐無稽~地球温暖化対策 

   

5位~遺伝子操作で樹木を改良 

  

なるほど~

でも~やはり~遺伝子操作には~

ものすごい不安がありますよね 

かなり現在でも~

使われているようですが

世代を超えていくと 

どういう事になるかの検証はできないですからね 

これはいけませんな 

  

(Webのニュ~スサイトより) 

  

葉を生い茂らせたわれわれの友人は、

二酸化炭素の吸収を立派にやってくれている。

しかし、その吸収量がもっと増えるとしたら、

それはすばらしいことではないだろうか。

さらに、われわれが乗る

自動車を走らせてくれるとしたらどうだろう。

木の遺伝子を操作して成長を速め、

リグニンの含有量を減らす計画。

リグニンは、木質化した細胞壁を構成する生体高分子で、

樹木のバイオ燃料への転用を難しくしている。

遺伝子操作で成長を速めた木によって、

根の部分に炭素を多く固定し、

残りの部分を燃料として利用できるかもしれない。

マイナス面としては、

樹木の改変が生態系を混乱させ、

健康な森だったものが弱々しく病気になりやすい

モノカルチャーの森になってしまうおそれがある。