7baf875e.jpg

 

これも~

石見の文化です~

 

鏝で~浮き彫り

壁に こんな風な レリ~フがあれば

いいわなぁ~

 

いまも~石見のほうでは

伝わっているそうです   (^^

いや~伝えて欲しい !! 

 

石見銀山の一角ですから

楽しみふえましたねぇ   (^_-)~☆

 

 石見銀山で知られる

大田市

大森町

の町並み。

この地区の一角にある西性寺。

 

「鳳凰」は、その経蔵正面の壁に彫刻された作品です。

蒼空にはばたくそのすがたは、実にダイナミック。

羽の端にはガラス玉が埋め込まれており、

制作当時はキラキラとまばゆいばかりであったそうです。 

 「鳳凰」は、

「左官の神様」と尊敬された松浦栄吉が還暦を迎えた、

大正時代中ごろの作品です。

西性寺の経蔵には、

ほかの三面の壁にも大輪の牡丹や菊が彫刻されており、

建物全体が彼のトータルな作品となっています。

図柄の構成や浮き彫りの技法など、

彼の左官人生を集大成した輝きを感じます。