初めてだろうか~

宗教について 真正面から

そして 先入観なく

だれにも わかりやすく とらえたものを

読んだのは ...

五木寛之さんという 名前に 

先入観をけされたという事でしょう~か

 

ともかく 

仏教のル~ツについて

断片的に捉えることができたような

(斜め読みで 精読していないんですが)

 

全ての物を受け入れるという

寛容~

他の宗教でさえ排除しない

 

絶望から出発するというところは

ちょっと~欧米の思想にどっぷり浸かっているので

違和感があるのですが

全力を尽くしたあとは~

また 

じぶんでは どうしようもできないところが

必ずありますよね

 

それは

『あるがままに任せる』 という

自分の中にある想いが

すこし そういうことかなぁ 

と 思ったりしました

 

c2460bc5.jpg