e982ccd9.jpg
   


なかにはエレベータは無い。

したがって、人力であがるしかない。

運動不足の自分には ちと きつかった。

もう少しという所に大きな部屋があり、

いすと机がでんと置いてある。

すかさず、座ろうとするが、先客があり、

それもなんかしらんが、難しい顔して。

本を読んでらっしゃる?

対面が空いていたので、おずおずとすわる。

汗をふきながら休んでいると、なんか話しかけてきた。

なんかいの?

いちゃもんでもつけられると、困るワイ。

と心で思っても、顔はにっこり。

何のことは無い「イマナンジデスカ?」

ほっとして、時計を見せてやった。

なかやすみした後、

屋上(というか、一番上の展望場)に上がる 

すこし霞んでいたが、

確かに 道が放射線状に広がっている。 

この下を ナポレオンが 馬に乗り 
凱旋したのか と 思いながら 

遠くを見つめる。 

  

何かのテレビ番組で 

紙飛行機 を折って、

飛ばしていたが、ほんとしたくなる感じがよくわかる。 

   

かぜにのって 
どこまでいくのだろうか 

自分の気持ちを乗せて 放つ! 

想像しながら、

うれしく なってしまう 

  

そんな巴里の午後。