神話の里から~想いつくまま

はるか~神話の里から  謎解き~大好きな出雲人が 他愛もないことを書いてます(^_-)  まごっち~ビートルズ~ものづくり~陶芸~ダビンチ~田んぼ etc.

アップル 

a5501746.jpg

アップルというと、

思い浮かべるのは、コンピュータ。

まあ食いしん坊のかたは、

アップルパイかな(笑) 

気持ちの若い方(年配?)では 

「 りんご をかじると血が出ませんか?」 

なんてのも有りましたねぇ(笑) 

  

実は、

アップルという商標(ブランドみたいな感じ)を

使ってるのが、世界で2つあって。

両者 棲み分けをしてたらしいけど、

最近 棲み分けが曖昧になって揉めてたらしい。 

ひとつは、
ご存知 コンピューターの アップル 

他方が 

アップル レーベル 。

これは、かの ビートルズが 創った レーベルです。 

写真のように レコードの ラベルにも 

りんごが使われてます(笑) 

というわけで、

うまく 話が付いたようで 

どちらのファンでも有る自分としては 

めでたし めでたし というところです。 

でも、まあ、パソコンは 

マックは使ってませんけどね(笑)

   

国産の飛行機

P1020540

 

GHQのお達しによって

戦後  空への道が閉ざされ

決定的に遅れをとってしまった。

零戦 などの優秀な戦闘機の技術 を

アメリカが恐れた結果であるのでしようがないが...

  

そのなかで、やはり熱い人たちがいた。 

アメリカに気を使いながら国を説得し、

技術を伝え守ろうとした人たちがいた。

  

YS-11は、出雲~大阪 間を 飛んでいたので 

愛用(笑) してました。

確かに、

これが本当に空に浮かぶの? 

と いう不安、恐れ(笑)がいつもあったけど。 

けど、今では 

それも引退してオランダの飛行機にかわっている。 

後継を絶やさず、残していかないと。

技術は、机上だけではだめで、

あくまで、作らないことにはと、思うんですが、

技術は伝わってるんでしょうか?

読んで熱くなり、

最後は かえって さらに冷えてしまった...(苦笑)

  

L○W○○N チケット

4b56d675.jpg

 

参りました~~

近くの コンビニ で

あるライブの チケットを

入手したんですよ~~

  

ところが

用事ができて

いけなくなっちゃった~~

  

しようがないから

払い戻ししてもらおうと

そのコンビニへ行ったら

剣もホロロに

サインも されてますから

払い戻しはできません との 応対~~ (怒)

  

そこで、消費生活センターの相談窓口へ電話 (苦笑)

法律的に問題ないとのこと~

  

これが普通?常識? でしょうか?

  

誰かに売らんといけん訳ですよ~~ 自分で!

といってもね~  オークション~~??

ライブ は 千葉の ま○は○ 

約1万円 もするのに~~ (参った)

  

ダン ブラウン

P1020541

パズル パレス 

 お~  これは読まなくちゃ~と(笑) 

ダ・ビィンチコードを書く前の作品という事で
図書館で発見して上下巻をゲット! 

期待を持って読み始める~

やはり コード をめぐる物語~

期待できそう。

導入部は、ふむふむと引き込む。

しか~し、

主人公がなんだか、

有名イケメンサッカー選手の名前をもじったもので...

雲行きが怪しい。

案 の定、深みのない、

つまらない展開になってしも~~~た。(苦笑)

まあこれはあくまで、わたしの感じたことですから...(笑)

考えてみれば

図書館で上下巻そろってること自体が怪しかったわけですよ(笑)

まあ、処女作という事ですから、致し方ないかも。

次回作は
期待してますよ~~(笑)

   

斐伊川の夕陽~~

Photo_13

  

日曜日 大社で 用事を済ませて

ゆうがた かえるとき

あまりのいい天気で

これは夕陽だ~~~ (笑)

で、

斐伊川 の 西代橋 によって きました。

けっこう、寒かったです~~

  

どうも、 巷では 

朝日の 維真尽 と云われてるらしいんで...(笑)

ご堪能 くださ~い~~~  

2e2a8330.jpg

 

Photo_15

 

6227efe1.jpg

 

Photo_17

 

Photo_19

 

ネット時代のものづくり

ea257b0c.jpg

従来ず~と下請けでやっていたプレスの金型やさん 

  

金型 というのは、例えば家電品、携帯電話などの

ケースを作るときに薄い鉄板を型抜きするときに使う、

非常に硬い金属で作った型です。

  

大企業の工場がどんどん海外へ行くようになり、

価格が下がり、半値まで落ちたそうだ。

造れば造るほど赤字です。

そこで、選択肢としては 

「このまま安い仕事を受けて、社内努力によって、

コストを削減して乗り切る」というのが第1案。

別の案が「いままでの取引先とは縁を切って、
新たな取引を模索する」 

ここで、どちらにしても乗り切れるんであればいいんですが、

コスト削減っていったって、

給料下げるしかないわけで、

結局 これは、廃業という事ですよね。

そしてもうひとつの選択肢があるわけですが、

これが取れるには2 つの条件が必要。

まず、お客さんを惹きつけるそれだけの、

できれば オンリーワンの技術力があるか! 

そして、顧客の開拓が可能なこと。 

幸いにも、このネット時代 

ほしいものが ネットで探せる時代。

それがよかった。 

仕事は 充分に確保できた。 

結局、 必要とされるそれだけの技術がないと 

どの時代でも 生き残れない。

ネット時代になって、

生き残る条件が 「お客さんの確保」 

という面では、すこし有利になっているかな~  と、

すこしだけ、

ネット時代もわるくないぞという話でした(笑)

  

ギャラリー
  •    抹茶チョコ
  • 珈琲館にて
  • 大地のアート
  • 長寿靴下
  • タイヤ交換
  • 絶対行きたい世界の旅!
  • つっかえ棒!?
  • ロボットの支配?
  • モノリス!?
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ